ji‐n‐on C&Y

●心のお掃除吸

ヨガをすることに慣れてくると、次第に「体の調子がいいなぁ」だけでなく、ポーズが終わった後に「心の中のわだかまりがなくなった」といった感覚を味わうようになる方が多いです。これもきちんと根拠があります。
①姿勢を整える
良い姿勢は身体の健康につながるだけでなく、心も健やかにさせてくれます。しょんぼりしている時は姿勢もしょんぼりしています。胸を張って「落ち込んでいます」と言っている人は見たことないですよね。
いろいろなポーズをとりながら、実は、その中で姿勢を整える練習をしています。横向きの状態、ねじった状態、曲げる状態、伸びる状態・・・いろんな格好の中で姿勢を整えて心もスッキリしてくるのです。
②深呼吸
緊張している時、運動しているわけでもないのにドキドキして息が荒くなったり、浅くなったりしますよね。姿勢と心が密接に関わりを持つように、呼吸も心と密接に関わりを持っています。慌てている時などに「落ち着いて、深呼吸してごらん」とか「ゆっくり息を吐いて」など言われたことがある方も多いと思います。

ヨガの呼吸法はたくさんありますが、その中の多くは深呼吸です。胸を使う深呼吸もあれば、お腹を使う深呼吸もあります。そしてジィーノンで行うヨガのクラスも深呼吸で進めています深呼吸を繰り返しながら心の働きをコントロールする力がついてくるのです。

Q:身体が硬くても、ヨガのレッスンを受けることは出来ますか?
A:もちろんです。
身体が硬いことは欠点ではありません。続けていけば、自然と柔軟性はついていきますし、柔らかくなっていくご自身の変化を味わうことができる点では、むしろ利点にすらなります。
秘訣は、あせらずにコツコツ続けることです。
Q:週に何回くらいアーサナ(ポーズ)を行っていいですか?
A:ムリがなければ毎日でも!
体の改善をはかったり、浄化を促すなら、週に4回くらいできるとイイかもしれませんが、都合がつかない方も多いですよね。週に1回でも行えたら、それを大切に感謝しましょう。

朝起きて背伸びをしたり、深呼吸をする・・・それを満喫できれば、たとえ1分だとしても、ヨガの一部になると思います。

お問い合わせ・ご予約は

Tel 042‐351‐0554

●ジィーノンが考えるヨガ

内側で起こっていることに気づいていますか?

外側に意識が向きすぎてしまうと、自分の内側に湧きあがる感覚や感情を見失って、知らぬ間に自分自身の心の波立ちに振り回されてしまうことが多いです。一日中イライラしたり、クヨクヨしたりして気持ちの整理がつかないまま過ごすとしたら、それは決して快適なものではありません。一度、内側に湧いてくるものを受けとめてみましょう。例えば、それがイライラでもいいのです。内側におこるものをよくみつめて、それを受け止めます。
そして「本当にこのイライラが今、自分にとって必要なのか?」もう一度考えて・・・「要らない」と思ったら手放せばいいだけのことなのです。

体をキレイにしたり調子を整えたりするだけでなく、心のバランスがとれるようになると日々の生活も快適になります。ジーノンではアーサナでも呼吸法でも瞑想でも、皆さんのお好みに合わせてヨガを積み重ねながら心身の健やかさを育めるようお手伝いします。

身体だけではなく、内側もスッキリできたら、てのひらを合わせて合掌、合わせたてのひらのあたたかさを感じましょう。ナマステ

Yoga Q&A/ ヨガ質問

ジィーノンカイロプラクティックヨーガセンター

京王線府中駅南口(けやき並木通り)徒歩1分

 ●ヨガとは(伝統的なヨガの考え方)

ヨガの語源は“ユジュ”です。
ユジュは牛馬と荷車をつなぐ頸木のことを言い、そこから転じて“ヨガ”とはそれぞれ異なる働きをするもの同士を“つなぐとか調和というような意味を持つようになりました。


ヨガというと、身体を使うアーサナ(ポーズ)や呼吸法のイメージが大きいかもしれませんが、もともとは瞑想するなかで心の働きを穏やかにして本来の自分とつながることがベースになっています。

伝統的な教典「ヨーガ・スートラ」にも

「ヨーガシ チッタ ヴィリッティ ニローダハ」
(ヨーガとは心素の働きを止滅することである)と記されています。

この心素というのは大まかに言うと、相対的関係の中で(何かとの関係をもちながら、何かと比較しながら)自分を定める思いのことです。何かと比べて自分の存在価値を決めることは、言いかえれば競争の中に自分を置くことです。競争状態に自分を置き続けてしまえば、そこにはストレスも起こってしまいます。
現代的に言うなら、ヨガは4000年以上も前からストレスがおこらないための提案(心素
の働きを止滅する)をしていたのだと考えることができます。

普段、私たちは生活の中でほとんどの時間、外に意識を向けています。仕事をする、人と会う、買い物に出かける・・・外界にばかり向いている意識を一日のうちのわずかな時間でもご自分の内面につないでみましょう。

What's yoga?/ ヨガとは
府中市はじめ調布市・国分寺市・小金井市・日野市・稲城市・国立市・八王子市・立川市・武蔵野市などの多摩地区や
都内、埼玉県などからも、多くの方にご来院頂いております。
カイロ,カイロプラクティック,整体,ヨガ,ヨーガ,は国際基準認定治療院ジィーノンカイロプラクティック&
ヨーガセンターへ
Copyright (C) 2016 Ji-n-on All Rights Reserved.

●身体を使っての練習(アーサナ、ポーズ)

「内面に意識を向ける」と簡単に言っても実際には難しいので、身体を使って集中する練習がポーズのもともとの由来です。
現代は、ポーズをとるという型が先行していますがそれでも良いと思います。実際に私もそうでした。ポーズをとった後「なんだか体の調子がいいなぁ」コンスタントにポーズの練習するようになってからは「肩コリがなくなってきたなぁ」「足が冷えなくなったなぁ」「むくまなくなったなぁ」・・・ついには「心がスッキリしたなぁ」といった感じでした。
きっかけが何であったにせよ、アーサナの心身に与えてくれる影響は思っていた以上に豊かなものでした。

その他ご質問はこちらまで≪お問い合わせ

その他ご質問はこちらまで➤お問い合わせ

府中市宮西町1-3-1TH宮西3F